こぐま座流星群 出現状況

by 内山茂男 (日本流星研究会)


(2017年12月28日掲載, 1月8日更新)

2017年のこぐま座流星群の集計結果


URS graph

左のグラフは、1日毎の出現数を集計したものです。
横軸の“12月22日”のところが“21日から22日にかけての夜(22日0時)”です。

極大夜(22/23日)に、こぐま群としては活発な出現が観測されました。

こぐま群の母天体は8P/Tuttle彗星ですが、Jeremie Vaubaillon によると、884年にその彗星から放出されたダストトレイルが2017年に地球軌道に比較的近づくということです。 その接近時刻は、22日23h43m(JST)。また、もともとの極大時刻は、日本時間の23日0時です。ということで、2017年は、ダストトレイルの接近と通常極大が重なって、 日本の夜間に観測できたということです。

次のページも参考にしてください。
杉本弘文氏による電波観測集計結果
IMO(国際流星機構)による集計結果



22/23 ZHR

左のグラフは、極大夜の1時間毎の集計結果です。これを見ると、少しずつ活動が減少傾向に見えます。
また、新しいトレイルによる出現は1時間程度で出現数が急増急減することが多いですが、今回はそれほどの急な増減はありません。 トレイルが古くある程度広がっているのかもしれません。



ZHRとは:
「理想的な条件下」で、平均的な観測者1人が1時間あたりに見ることができる群流星数です。
理想的な条件というのは、(1)6.5等星まで見える、(2)雲などさえぎるものがない、(3)輻射点が天頂付近にある、 というものです。
日本では多くのところでは6.5等星はとても見えないところが多いです。このようなところでは、見える星も減りますが、 見える流星数もぐっと減ります。また、輻射点が天頂付近にあるときに最も多くの群流星を見ることができますが、 輻射点は日周運動とともに移動するので、天頂付近にないことが普通です。したがって、普通の人が1時間見ていても、 ZHRの数より少ない流星しか見られないのが普通です。

< 1日毎集計 >
Month day  Nind. Teff   Shwr HRave  ZHRave  Err.
 12  19/20   1    1.0     1    1.0    2.3   2.3
 12  20/21   1    1.0     3    3.0    2.4   1.4
 12  21/22   1    1.0     6    6.0    4.0   1.6
 12  22/23   4   15.1   132    8.7   19.8   1.7
 12  23/24   1    1.0     4    4.0    4.2   2.1
 12  24/25   1    1.0     1    1.0    1.0   1.0

Nind:観測者数、Teff:観測時間(時間)、Shwr:群流星、HRave:平均HR(個人補正なし)、
ZHRave:平均ZHR(個人補正あり)、Err=ZHRave/sqrt(Shwr)、光度比r=2.0で計算。

輻射点高度20度以上、最微星5.0等以上、雲量2以下のデータを使っています。
平均HRは、誰がいつどこで観測するかによって大きく変動しますので、参考程度に見てください。


< 22/23日 1時間毎集計 >
Hour  Nobs  Teff  shwr   ZHRave  Err
 21     3    3.0    35    24.8   4.2
 22     3    3.0    42    25.5   3.9
 23     3    2.8    43    23.8   3.6
  0     5    4.3    38    21.9   3.6
  1     6    4.5    34    24.7   4.2
  2     6    4.5    28    17.7   3.3
  3     4    3.7    19    13.1   3.0


観測報告者(集計に使用した観測時間)
長田和弘(9.0), 赤木誠司(7.1), 内山茂男(2.0), 佐藤孝悦(2.0)

観測報告をありがとうございました。

  
内山Top 流星の部屋主要流星群出現状況 Index

2011年のこぐま座流星群の速報集計結果


URS graph

左のグラフは、1日毎の出現数を集計したものです。
横軸の“12月22日”のところが“21日から22日にかけての夜(22日0時)”です。 マーカーが日付の真上に来ないのは、観測時刻が0時ではなく、夜によって前後するためです。

極大夜(22/23日)に、こぐま群としては活発な出現が観測されました。
この出現の報告を受けて佐藤幹哉氏がトレイル計算を確認したところ、 複数のダストトレイルが接近していたことが確認されています ( 参考 SonotaCo.JP 2011年12月、こぐま座流星群

次のページも参考にしてください。
杉本弘文氏による電波観測集計結果


< 1日毎集計 >
Month day  Nind. Teff   Shwr HRave  ZHRave  Err.
 12  20/21   1    1.0     1    1.0    2.4   2.4
 12  21/22   1    1.0     5    5.0   10.6   4.7
 12  22/23   4    6.6    95   14.4   25.1   2.6
 12  23/24   1    1.0     5    5.0    7.9   3.5
 12  24/25   1    1.0     2    2.0    1.6   1.1
 12  25/26   1    1.0     1    1.0    0.8   0.8
 12  26/27   1    1.0     0    0.0    0.0   2.3


Nind:観測者数、Teff:観測時間(時間)、Shwr:群流星、HRave:平均HR(個人補正なし)、
ZHRave:平均ZHR(個人補正あり)、Err=ZHRave/sqrt(Shwr)、光度比r=1.9で計算。

輻射点高度20度以上、最微星5.0等以上、雲量2以下のデータを使っています。
平均HRは、誰がいつどこで観測するかによって大きく変動しますので、参考程度に見てください。


観測報告者(集計に使用した観測時間)
長田和弘(7.8), 内山茂男(2), 豆田勝彦(2), 泉潔(0.7)

観測報告をありがとうございました。