− 流星群 解説 −

2017年 ふたご座流星群 観測条件解説

by 内山茂男 (日本流星研究会)

ふたご群出現状況

日本でのふたご座流星群の出現という点では、今年の条件がどうなっているか解説していきます。

日付薄明終了 月出薄明開始
12/13日18h 00m01h 43m05h 11m
13/14日18h 00m02h 40m05h 12m
14/15日18h 00m03h 36m05h 12m
15/16日18h 00m04h 32m05h 13m
※ 時刻は東京値です。

右に示した図「ふたご群ZHR」は、IMO(国際流星機構) の過去の観測データから求めた、ふたご座流星群のZHR曲線です。
グラフで色をつけたのは今年の日本の観測に適した時刻(20時30分〜薄明開始まで) で、色が薄い(黄色)部分は月明かりがある時刻です。

今年のふたご群の特徴として、次の2点が大事なポイントです。

月明かりがあると、暗い星や流星が見えなくなりますし、それなりの明るさの流星の見え方もさびしくなります。 しかし、下弦は10日で、ふたご座流星群の極大前後では、月が出てくる時刻も遅く、出てきてからも月は細いので、直接月を見ると少し眩しいという程度でしょう。

極大が日本の昼間ということですが、「ほぼ極大の活動が 2夜連続で見られる」と考えることもできます。
極大直前の13/14日はZHR 80〜100の出現が期待できます。また、14/15日はその夜の間にZHRが100から50くらいまで減少しそうです。 ただし、夜半前は輻射点上昇による出現数の増加効果もありますし、明け方に近い方が散在流星も増えますから、14/15日は早い時刻がおすすめというわけでもありません。
とにかく、年間最大の流星群で、夜の時間も長いなど観測可能時間も長いので、がんばればかなりの数の流星を楽しめるでしょう。 なお、極大前の12/13日でもZHR40〜50の出現が期待できます。一方、極大後の15/16日になると、ふたご群の出現数がかなり少なくなってしまいます。

以上は、流星の明るさを考慮しない場合の解説です。


☆ 流星の明るさを考慮した出現条件

4等ZHRm
0等ZHRm
-2等ZHRm
-4等以上ZHRm

右〜右下に示したグラフは、等級別の出現状況(ZHRm)の例です。
やや薄い緑のラインは、 参考のために「全流星の出現状況の形」を示したものです。

4等級の暗い流星は早めに流星数が増え、13/14日には極大と同様の出現を見せるでしょうが、14/15日には半減します。

0等級の明るい流星では、13/14日と14/15日にほぼ同様の出現を見せるでしょう。 「0等級の流星」というのは「市街地でも十分見えそうな明るさ」で、この0等級の流星だけでも1時間に6個前後、 もっと明るい流星も含めた合計では1時間に10個以上が見られそうです。

−2等級のかなり明るい流星になると、13/14日より14/15日の方が多くなります(1時間に1〜2個です)。

ただし、−4等級以上の大変明るい火球と呼ばれる流星になると、14/15日にピークを迎えます(1時間に1個弱)。 一方13/14日にはまだほとんど見られません(3時間で1個程度)。 翌日の14/15日はピークの半分あまりで、2時間に1個程度の出現でしょうか。

ただし、この等級別の出現状況の研究は、過去の観測データ(1993〜2007年)から行ったものです。 ふたご座流星群は少しずつ明るい流星が増えているように感じる、という観測者の声が聞こえてきます。きちんとデータを調べていないので確かなことは言えませんが、 ここで示したものより、明るい流星が多めに出現することを期待したいものです。

以上を簡単にまとめると、


詳しくは、流星の研究の ふたご座流星群の等級別ZHR を参照してください。


  
内山Top 流星の部屋流星群解説 Index ふたご座流星群解説