− 流星群 解説 −

2020年 ふたご座流星群 観測条件解説

by 内山茂男 (日本流星研究会)

ふたご群出現状況

日本でのふたご座流星群の出現という点では、今年の条件がどうなっているか解説していきます。

日付薄明終了月出薄明開始
12/13日17h 59m04h 42m05h 11m
13/14日18h 00m05h 56m05h 12m
14/15日18h 00m07h 08m05h 13m
※ 時刻は東京値です。

右に示した図「ふたご群ZHR」は、IMO(国際流星機構) の過去の観測データから求めた、ふたご座流星群のZHR曲線です。
グラフで色をつけたのは今年の日本の観測に適した時刻(20時30分〜薄明開始まで) です。

今年のふたご群の特徴として、次の2点が大事なポイントです。

月明かりがあると、暗い星や流星が見えなくなりますし、それなりの明るさの流星の見え方もさびしくなります。 しかし、15日が新月で、ふたご座流星群の極大前後では、全く月明かりの影響がありません。

極大時刻に近い13/14日には、ほぼ一晩中、多くの流星が見られるでしょう。 夜が長い季節ですので、長時間頑張ることができるのであれば、かなりの数の流星を見ることができるでしょう。 ただ、ふたご座流星群は「極大を過ぎると急速に出現数を減らす」特徴がありますので、極大直後の14/15日なると13/14日の半分以下に減少する見込みです。 なお、土/日である12/13日にも14/15日とほぼ同じ程度(若干多め)の数の出現が見られるでしょう。

以上は、流星の明るさを考慮しない場合の解説です。


流星の明るさを考慮した観測条件

0等ZHRm
-2等ZHRm
-4等以上ZHRm

ふたご座流星群では、明るい流星のピークが全体ピークより遅れることがわかっています。では、どのくらい遅れるのでしょうか?
それを示したのが右〜右下に示したグラフで、いくつかの等級別の出現状況(ZHRm)です。
やや薄い緑のラインは、 参考のために「全流星の出現状況の形」を示したものです。

0等級や-2等級の明るい流星では、13/14日に極大時に準ずる出現が見られ、14/15日には前夜の半分程度となるでしょう。
しかし、-4等以上の大変明るい「火球」と呼ばれる流星になると、14/15日の夜半前は十分期待できます。 と言っても、-4等以上の大物はもともと 1時間に 1個弱ですから、あまり大きな期待はできません。

「0等級の流星」というのは「市街地でも十分よく見えそうな明るさ」で、13/14日は「0等級の流星だけ」6〜9個/時程度、 「0等級以上の明るい流星全体」で 10〜15個/時程度の流星が見られそうです。(14/15日は、0等級以上で 4〜8個/時程度が見られそうです。)

以上を簡単にまとめると、

ただし、晴れなければ流星を見ることはできません。“晴れた日に見る”という意識も大事です。

なお、この等級別の出現状況の研究は、過去の観測データ(1993〜2007年)から行ったものです。 ふたご座流星群は少しずつ明るい流星が増えているように感じる、という観測者の声が聞こえてきます。きちんとデータを調べていないので確かなことは言えませんが、 ここで示したものより、明るい流星が多めに出現する可能性もあります。

詳しくは、流星の研究の ふたご座流星群の等級別ZHR を参照してください。


  
内山Top 流星の部屋流星群解説 Index ふたご座流星群解説