小惑星による恒星食 観測結果

by 内山茂男

地球から見た小惑星の大きさは大変小さいため、1つの小惑星が恒星を隠すことはめったにありません。しかし、小惑星の数は大変多いです。 このため、小惑星が恒星を隠すことが時々観測できます。
小惑星はとっても小さいので、ほとんどの小惑星は天文台の大きな望遠鏡でも大きさを直接測定することができません。 しかし、この恒星食という現象を数名で観測すると「小惑星の大きさと形」がわかります。大変価値のある観測なのです。 1人でも多くの方がこの観測に取り組むことを期待しています。

ここでは、私が観測した小惑星による恒星食の観測結果を紹介します。
※ ここに掲載したものの他にも多数の通過観測があります。

☆ 観測結果
2012年☆ 1月 2日 (705) Erminia ☆ 1月 6日 (654) Zelinda ☆ 1月17日 (266) Aline
2011年☆ 1月 8日 (212) Medea ☆ 3月 4日 (52) Europa
2008年☆ 1月 3日 (90) Antiope
2006年☆ 11月 8日 (22) Kalliope ☆ 12月 5日 (89) Julia
2004年☆ 11月25日 (791) Ani
2003年☆ 12月16日 (925) Alphonsina
2001年☆ 12月16日 (334) Chicago ☆ 12月28日 (712) Boliviana
1999年☆ 1月18日 (820) Adriana


内山Top   掩蔽観測の部屋


2012年 1月17日(火) (266)Aline による恒星食

Aline-map
Steve Preston (IOTA)による予報

今回の現象の予報では、自宅は掩蔽帯のほぼ南限界線(わずかに内側)。観測条件も好条件の現象です。 このところ宵の現象が続いていたのですが、今回は予報時刻23時50.5分と深夜の現象です。 夕食後に望遠鏡等をセッティングしておき、一眠りしてから観測に臨みました。
ほぼ予定時刻に減光(小惑星12.7等は写らないので「消失」) を観測。それも予想外に長い9秒間程度でしたから、掩蔽帯が少し南にずれて中心付近の食となったようです。
この減光観測の直後からビデオの画面が乱れ始めました。バッテリーの電圧不足のようで、危ないところでした 「掩蔽観測の失敗例」参照)

観測データ
恒星: TYC 0161-02333-1(10.5等)
観測地: 千葉県柏市  東経 139度58分50.7秒 北緯 35度52分08.5秒(JGD2000) 標高 20m
減光時刻: 23時50分30.56秒(±0.05秒) から 23時50分39.58秒(±0.05秒)まで (JST)  減光時間: 9.02秒
観測機材: 25cmシュミットカセグレン + 40mmアイピース + WAT-100N(8mm F0.8)コリメート撮影 ビデオ録画
時刻保持: GHS時計+TIVi。ビデオにインポーズ。

Aline観測結果
※ 整約図制作は早水勉氏 (せんだい宇宙館)。 許可を得て転載。

参考:せんだい宇宙館  2012.1.17 小惑星アリーネによる掩蔽の観測成果

先頭へ戻る


2012年 1月 6日(金) (654)Zelinda による恒星食

Zelinda-map
Steve Preston (IOTA)による予報

今回の現象の予報では、自宅は掩蔽帯のほぼ北限界線(厳密にはほんのわずか外側)。 小惑星がほんの少しでも北側にずれれば掩蔽による減光が観測できるし、逆の南側にずれれば通過するであろうという、 掩蔽確率ほぼ50%の現象です。遠征も考えたのですが、もともと観測者が多い地域で、 他の観測者のラインからはずれるにはある程度遠くに行かなければなりません。 ちょうど会報まがたまの編集・印刷作業の時期であったため、遠征は見送りました。
観測時には、観測の方向に薄雲が広がっていました。 対象となる恒星の光度は10.2等とそれほど明るいわけではありませんのでちょっと心配しましたが、 十分に写ってくれました。 ほぼ予報時刻に明確な減光(私の機材では12.7等の小惑星が写らないので“消失”) を2秒間あまり観測できました。

ここまでの観測記は、まがたま83号に掲載したものを、HP用に書き直したものです。


観測データ
恒星: TYC 1739-02256-1(10.2等)
観測地: 千葉県柏市  東経 139度58分50.7秒 北緯 35度52分08.5秒(JGD2000) 標高 20m
減光時刻: 18時30分34.03秒(±0.03秒) から 18時30分36.27秒(±0.03秒)まで (JST)  減光時間: 2.24秒
観測機材: 25cmシュミットカセグレン + 40mmアイピース + WAT-100N(8mm F0.8)コリメート撮影 ビデオ録画
時刻保持: GHS時計+TIVi。ビデオにインポーズ。

Zelinda観測結果
※ 整約図制作は早水勉氏 (せんだい宇宙館)。 許可を得て転載。

参考:せんだい宇宙館  2012.1.6 小惑星ツェリンダによる掩蔽の観測成果

先頭へ戻る


2012年 1月 2日(月) (705)Erminia による恒星食

Erminia-map
Steve Preston (IOTA)による予報

恒星は7.1等星と文句なしの明るさ。掩蔽帯は広く、予報の精度も良好で、自宅はその中心線付近。 予報時刻は20h49.6mと生活面でも負担にならない。大変好条件の現象です。 ただし、唯一の欠点は「高度が低い」こと。現象時の高度は17°。北東の空で、準備のときにはもう少し低いわけです。 自宅の庭では、北東は屋根の上ですが、高度17°はギリギリで屋根の上に出てくるかもしれない、というレベル。 そこで、庭の端いっぱいに望遠鏡をセッティングしました。おそらく、ここなら屋根がかからないであろうと考えて。

現象30分前に庭に出て、対象星導入作業を開始しました。最初にこれかな? と思ったのは別の星。 よく見たら、対象星はもっと低く、明らかに屋根よりも低いところでした。導入してみると、梅の木の枝がかかっています。 でも、星が望遠鏡で明るく見えていますので問題なし。もしも梅の葉が茂っていたら、もしも恒星がもっと暗かったら、 観測できなかったかもしれませんが。
20h49mを過ぎて液晶画面を注視していると、7等星が予定通り消えました。小惑星は13等なので全く映りません。 そして、18秒後に復光。その前後で未知の衛星の食が起きないかチェックしますが起きません。 10ヶ月ぶり11回目の減光観測成功です。

ここまでの観測記は、まがたま83号に掲載したものを、HP用に書き直したものです。


観測データ
恒星: HIP 51222(7.1等)
観測地: 千葉県柏市  東経 139度58分50.9秒 北緯 35度52分08.3秒(JGD2000) 標高 20m
減光時刻: 20時49分23.47秒(±0.03秒) から 20時49分41.19秒(±0.03秒)まで (JST)  減光時間: 17.72秒
観測機材: 25cmシュミットカセグレン + 40mmアイピース + WAT-100N(8mm F0.8)コリメート撮影 ビデオ録画
時刻保持: GHS時計+TIVi。ビデオにインポーズ。

Erminia観測結果
※ 整約図制作は早水勉氏 (せんだい宇宙館)。 許可を得て転載。

参考:せんだい宇宙館  2012.1.2 小惑星エルミニアによる掩蔽の観測成果

先頭へ戻る


2011年 3月 4日(木) (52)Europa による恒星食

Europa-map
Steve Preston (IOTA)による予報

図のように掩蔽帯経路が関東を含む本州中部を通っており、予報誤差も小さいため、 千葉県北西部で恒星食が起きる可能性は大変高い現象です。ただし、恒星の光度が11.5等 (赤色光度11.0等)に対し、小惑星の光度が10.8等と、 隠される恒星の方が暗い現象です。食の直前・直後には、小惑星と恒星の合成等級で見られ、 それが食の間は小惑星のみの等級になりますから、恒星食が起きれば減光しますが、その減光幅はわずかに0.49等 (赤色等級)だけです。このわずかな減光を捉えられるかが、今回の観測のポイントです。

(我々が観測に使用しているビデオは赤色光に感度が高いので、 ほぼ赤色等級で写ると考えています。)
減光が少ないことを除くと、天球上の位置も高度が高く、位置もおとめ座δ星のすぐ近くでわかりやすい良い条件です。 当日は快晴で、めったにないくらい透明度がよく、風も弱いという申し分のない気象条件でした。、 ほぼ予報どおりの時刻に、わずかに減光したことを観測することができました。


観測データ
恒星: TYC 0294-00111-1(11.5等)
観測地: 千葉県柏市  東経 139度58分50.7秒 北緯 35度52分08.5秒(JGD2000) 標高 20m
減光時刻: 01時37分51.08秒(±0.04秒) から 01時38分25.96秒(±0.08秒)まで (JST)  減光時間: 34.88秒
観測機材: 25cmシュミットカセグレン + 40mmアイピース + WAT-100N(8mm F0.8)コリメート撮影 ビデオ録画
ビデオモニター画面でも減光がわかり、時刻測定ができました。 なお、潜入(減光)の瞬間はわかりやすかったですが、出現(復光)の瞬間はわかりにくく、誤差が大きくなっています。

Europa観測結果
※ 整約図制作は早水勉氏 (せんだい宇宙館)。 許可を得て転載。

小惑星の形が、球形ではなくゆがんでいることがよくわかります。 もう少し北側(図の左上側)の観測があると、小惑星の形がもっとよくわかったのですが。 なお、八重座さんのライン(減光なし)が正しいとすると、 かなり特異な形であることになりますが、八重座さんは眼視観測であり、減光が少ないため「確度は低い」と報告しています。 また、橋本さんも眼視観測で、「減光を感じたが時刻測定はできず」と報告しています。

参考:せんだい宇宙館  2011.3.4 小惑星エウロパによる掩蔽の観測成果

先頭へ戻る


2011年 1月 8日(木) (212)Medea による恒星食

medea-map
Steve Preston (IOTA)による予報

図のように掩蔽帯経路が関東を含む太平洋岸を通っており、恒星は10.0等と観測する上で十分な明るさがあり、 天球上の位置も高度が高いという好条件の現象でした。当日は快晴で風も弱く、 ほぼ予報どおりの時刻に食を観測することができました。


観測データ
恒星: TYC 1839-00696-1(10.0等)
観測地: 千葉県柏市  東経 139度58分50.7秒 北緯 35度52分08.5秒(JGD2000) 標高 20m
減光時刻: 20時47分39.83秒(±0.03秒) から 20時47分58.61秒(±0.03秒)まで (JST)  減光時間: 18.78秒
観測機材: 25cmシュミットカセグレン + 40mmアイピース + WAT-100N(8mm F0.8)コリメート撮影 ビデオ録画

Medea観測結果
※ 整約図制作は早水勉氏 (せんだい宇宙館)。 許可を得て転載。

大変多くの減光観測が得られましたので、小惑星の形(断面)がかなり良く求められました。 図では灰色で楕円が描かれていますが、その楕円とは少し違う凸凹(表面地形)が見られます。 小惑星の南側はほとんど海上で観測者がいないのですが、小惑星の位置がわずかに北にずれていたことも幸いでした。

参考:せんだい宇宙館  2011.1.8 小惑星メデアによる掩蔽の観測成果

先頭へ戻る


2008年 1月 3日(木) (90)アンティオペによる恒星食

しばらくの間、私に観測可能な条件の掩蔽帯がなかなか関東を通らず、通っても天候不良等で久しぶりの観測となりました。
実は、この小惑星はバイナリー(衛星を持つ小惑星)であることがわかっていました。衛星と言っても、主星と大きさはそれほど変わらず、 2重小惑星と言っても良さそうな天体です。そして、主星と衛星それぞれの掩蔽帯の予報が出されていました。
予報掩蔽帯
J.Lecacheux (仏/IOTA Europe)による予報
(オレンジ:主星、青:伴星)
今回も自宅は予報掩蔽帯からはずれていて、予報からある程度ずれないと食は起きそうもありませんが、房総半島に南下すれば伴星の掩蔽帯に入れます。 そこで、袖ヶ浦市まで南下しました。現地では手ごろな観測地を見つけるのにちょっと手間取りました。車があまり通らないところ、 照明や民家が近くにないところ、という条件があるのです。やがて、ビニールハウスに囲まれた駐車場を見つけ、そこで観測をすることにしました。 恒星は11等星と暗いのですが、25cmシュミカセでは十分明るく見えていましたし、ビデオにもしっかりと写りました。 予報時刻の頃に恒星が消え、また現れるのを捉えることができました。予報通りに食が観測できると、ホッとします。

観測データ
恒星: TYC 1895-01450-1(11.3等)
観測地: 千葉県袖ヶ浦市  東経 140度02分51.9秒 北緯 35度22分59.3秒(JGD2000) 標高 23m
減光時刻: 02時41分42.50秒 から 02時41分46.51秒 まで (JST)  減光時間: 4.01秒
観測機材: 25cmシュミットカセグレン + 40mmアイピース + WAT-100N(8mm F0.8)コリメート撮影 ビデオ録画

Antiope観測結果
※ 整約図制作は早水勉氏(せんだい宇宙館)。 許可を得て転載。

整約計算の結果、予報通り「衛星」の食を観測したことが確認されました。 2006年11月に(22)Kalliopeの食では世界初の確実な衛星による食の観測が日本でされていますが、このとき私は「本体」の方の食を観測しています。 今回、私としては初めて「衛星」による食を観測したことになります。ただ、日本全体としては、主星による食の観測者が1名しかいなかったのは少し残念です。

参考:せんだい宇宙館  2008.1.3 小惑星アンティオペとその衛星による恒星食の観測成果

先頭へ戻る


2006年12月 5日(火) (89)ジュリアによる恒星食

IOTAのPreston氏による予報(経路図) から計算したところ、私の自宅は予報掩蔽帯の本当に中心。ただし、この現象は11.9等の小惑星が11.6等の恒星を隠すというもの。 食の前後の合成等級11.0等から、小惑星だけの11.9等に減光するという現象です。光害の多い自宅での11.0等の観測は困難と判断し、 少し空の条件の良いところへと東に移動して観測しました。
明るい月がすぐ近くにあり、対象の星は貧弱でしたが、一応ビデオに写り、ほぼ予定時刻に減光を撮影することができました。 ただし減光時間が中心線付近にしてはやや短く、観測した時点では、実際の掩蔽帯がやや西にずれて自分がはじに近くなったのだろうと判断していました。

観測データ
恒星: UCAC2 34843524(11.6等)
観測地: 千葉県印旛郡栄町  東経 140度12分58.9秒 北緯 35度50分43.5秒(JGD2000) 標高 3m
減光時刻: 04時38分51.80秒 から 04時38分59.04秒 まで (JST)  減光時間: 7.24秒
観測機材: 25cmシュミットカセグレン + 40mmアイピース + WAT-100N(8mm F0.8)コリメート撮影 ビデオ録画

Julia観測結果
※ 整約図制作は早水勉氏(せんだい宇宙館)。 許可を得て転載。

私を含め4名が減光の観測をし、整約図のような形が求まりました。この小惑星ジュリアも球形ではないことがよくわかります。 予報に比べて、ほぼ小惑星の半径分ずれて、予報センターが結果的に限界線付近になりました。
私は、観測時に「掩蔽帯が西に少しずれたのかな?」と思っていたのですが、実際は東に大きくずれていたのでした。 空がマシな方向(東京から離れる方向)への移動したのですが、もしも反対方向へ移動したら、ぎりぎり通過になってしまったようです。 ちなみに、図中の高島さんは、私と同じ市内の在住で自宅での観測ですが、ほぼ接食状態で2回の減光という珍しい現象を観測しています。

参考:せんだい宇宙館  2006.12.05 小惑星ジュリアによる掩蔽の観測成果

先頭へ戻る


2006年11月 8日(水) (22) カリオペによる恒星食

対象の恒星が9.1等と、この手の現象としては明るく、観測しやすい現象でした。しかも、このカリオペには衛星リヌスがあることがわかっていました。 もしかしたら、“2度の掩蔽”が見られるかもしれないのです(直前に、衛星リヌスの掩蔽帯は東京を通りそうだという情報が入ってきました)。
IOTAのPreston氏による掩蔽帯の予報経路()は、 東北地方や北海道西部を南から北へ通るルートで、関東の地方は千葉県や茨城県の東部がわずかにかかっている程度。 私の自宅も一応 1σの誤差範囲に入っていますが、通過の可能性が高いところです。そこで、本体による食を観測すべく、常磐自動車道を北上。 掩蔽限界線近くの水戸市で観測し、ほぼ予報時刻に食をビデオに撮影することができました。

観測データ
恒星: TYC1886-01206-1(9.1等)
観測地: 茨城県水戸市  東経 140度32分11.5秒 北緯 36度20分36.3秒(JGD2000) 標高 6m
減光時刻: 04時48分57.64秒 から 04時49分18.02秒 まで (JST)  減光時間: 20.38秒
観測機材: ε-160 WAT-100N ビデオ録画

食の時間が20秒あまりと限界線付近で観測した割には時間が長く、掩蔽中心線が私の観測地側にずれたことが観測時にわかりました。

Kalliope観測結果
※ 整約図制作は早水勉氏(せんだい宇宙館)。 許可を得て転載。

この現象は日本国内で、本体8カ所、衛星も8カ所で観測に成功しました。小惑星の衛星による恒星食の確実な観測は世界初ということです (衛星による食かもしれない、という観測は過去に何例かあります)。 それにしても、、衛星の食の観測者8名がほぼ同じライン上で観測していたことにも驚きました。

さらに、この現象のビデオデータを宮下和久氏が解析し、隠された恒星が離角わずか0.64ミリ秒でほぼ等光度の2重星だということもわかってきました (詳しくは宮下氏の解析に)。


参考:せんだい宇宙館  2006.11.08 小惑星カリオペと衛星リヌスによる恒星食の観測成果


先頭へ戻る


2004年11月25日(木) (791)アニーによる恒星食

予報では、茨城県中部から福島県南部が掩蔽帯に入っています。いつも流星観測に行く筑波山北面が予報掩蔽帯南限付近で、 予報よりちょっとでも北にずれれば食は見られませんが、ちょっとでも南にずれれば食は見られる、という掩蔽確率50%のところです。 そこで、ここで観測することにしました。

観測地についたのは、現象1時間前。余裕を持って観測機材の準備を始めました。対象の恒星はいっかくじゅう座の11.2等星で、 少し離れたこいぬ座から星をたどっていきます。機材は25cmシュミカセで、天頂ミラーをつけているので裏像になります。 しかし、星図を頭の中で裏返しにして導入するというのは、以前から慣れていること。ちょと手間取りながらも、アイピースの中に捉えることができました。 次にビデオカメラの接続です。コリメート法でアイピースの上に載せるだけでよいようにアダプターを自作し、今回が初めての使用です。しかし、 ビデオカメラが軽量でも少し写野がずれてしまいます。修正して導入しようとしましたが、東西南北もわかりにくく、 今どこが写っているのかわからなくなってしまいました。「おそらく、この星の並びが星図のココだろう」と考えて周囲の星をたどりますがよくわかりません。 現象時刻は刻々と迫ってきます。やむを得ず、確信が持てないまま「この星がそうかもしれない」という星を中心にして撮影を始めました。

現象時刻前後にはモニター画面を注視していていましたが、その星は消えることはありませんでした。 もともと予報の南限付近なので隠れなくてもおかしくはありません。でも、本当にこの星なのでしょうか。近くの明るい星から、 モニター画面を見ながらあらためて星をたどって行くと・・・、
「違う!」
さっきの星ではありません。 場所は近いのですが、違っています。そこで、テープを巻き戻して確認したところ・・・・・、対象の恒星は画面の左端近くに写っていました。
(参考: 掩蔽観測の失敗例

とにかく写っていてホッとしました。そして、現象時刻付近を確認すると、6秒間程度消えています。予報よりやや南にずれたようです。

ここまでの観測記は「まがたま62号(2005年1月発行)」に掲載したものを一部書き直したものです。

観測データ
恒星: TYC 0752-01346-1(11.2等)
観測地: 茨城県真壁町  東経 140度05分41.36秒 北緯 36度15分12.72秒(JGD2000) 標高 112m
減光時刻: 03時21分48.16秒 から 03時21分54.11秒 まで(JST)  減光時間: 5.95秒
観測機材: 25cmシュミットカセグレン + 40mmアイピース + WAT-100N(8mm F0.8)コリメート撮影 ビデオ録画

Ani観測結果
※ 整約図制作は早水勉氏(せんだい宇宙館)。 許可を得て転載。

この現象は、茨城県内3カ所で食が観測され、図のような楕円形の姿が推定されました。
また、八重座氏は2度の減光を報告していますが、衛星による食を捉えた可能性があります。


参考:せんだい宇宙館  2004.11.25 小惑星アニーによる掩蔽の観測成果


先頭へ戻る


2003年12月16日(火) (925)アルフォンシーナによる恒星食

前々日と前日は連続でふたご群観測に行ったので、3夜連続の天体観測でした。今回の予報掩蔽帯は自宅を通っています。 しかし、同じ市内に他にも観測者がいるので少しでも離れようと、数km北上しました。隠される恒星はぎょしゃ座の10.8等星で、 私の機材としてはやや暗い星ですが、ビデオのモニター画面で十分確認できました。
00時59分直前、その星が見えなくなりました。食が起きたのです。数秒の後に、また見えるようになりました。 予定通りと思う心のゆとりがあるのもビデオ観測ならではです。ただし、眼視観測に比べてドキドキ感は足りませんが。
なかなか天候に恵まれないこともあって、小惑星による恒星食の観測成功は2年ぶりでした。

観測データ
恒星: TYC 2908-00997-1(10.8等)
観測地: 千葉県柏市  東経 139度59分27.0秒 北緯 35度54分25.2秒(JGD2000) 標高 7m
減光時刻: 00時58分45.72秒 から 00時58分51.03秒 まで JST  減光時間: 5.31秒
観測機材: ε-160 WAT-100N ビデオ録画

Alphonsina観測結果
Alphonsina掩蔽帯
※ 整約図および掩蔽帯経路図の制作は広瀬敏夫氏(JOIN、東亜天文学会)。許可を得て掲載。
整約図では12月15日となっています。15日から16日にかけての夜を「15日」と表示することがあります。

この現象は日本各地7カ所で食が観測されました。ただし、掩蔽帯の中心付近の観測が多く、減光時間がどの観測者も同じくらいになり、 小惑星の形がややわかりにくくなりました。 この小惑星が球体(影は円形)だとすると、埼玉県の橋本氏も食を観測して良さそうですが、通過観測を報告しています。 したがって、小惑星の影は扁平でその長軸方向での食が観測された可能性が考えられます。


参考:せんだい宇宙館  2003.12.16 小惑星アルフォンシーナによる掩蔽の観測成果


先頭へ戻る


2001年12月28日(火) (712)ボリビアナによる恒星食

12月28日、小惑星(712)Bolivianaによる恒星食が予報されていました。直前予報では掩蔽帯が福島県を通っています。 これでは、自宅で掩蔽が起きるのはほとんど期待できません。しかし、今回は予報の誤差が小惑星の直径よりも小さいのです。したがって、 福島県まで行けば観測成功の可能性が大変高いと言えます。そこで、遠征観測をすることにしました。

今回の恒星は10.3等星。決して明るいものではありませんが赤っぽい星のようなので十分ビデオに写りそうです。そこで、ビデオ観測に絞りました。 11月のしし座流星群の前に購入したばかりで、掩蔽のビデオ観測は初めてです。

12月28日、ゆるい冬型となり、穏やかな晴天です。しかし、夕方外に出ると、全天雲が覆っています。 インターネットでひまわり画像を見ると低い雲が東からやってきてかかってきたようで、千葉県から福島県までが雲の下です。 現象時刻は23時36分。観測に行くべきか、やめるべきか迷いました。行って晴れれば、おそらく現象が観測できるでしょう。でも、福島県は遠いのです。 交通費(高速代+ガソリン代)は、1万円を越えます。しばらく、 ひまわり画像や天気のポイント予想などをじっくりと見て悩みました。その後、外に出ると快晴になっています。これで、観測に行くことに決めました。

20時に自宅を出て、常磐道をひたすら走ります。常磐道の終点まで行き、一般道で北上します。常磐道の終点でも掩蔽帯に入っているのですが、 ちょっと掩蔽帯が北にずれれば“スカ”になってしまいます。ここまで来たのですから、より確率の高いところまで行きたいものです。 23時36分の現象ですから、23時に準備を始めればなんとか間に合うでしょう。そこで22時50分まで国道を北上と決めました。 時計を見ながら北上し、富岡町の中心を抜けたところ、22時49分に脇道に入りました。幸運なことに、その脇道の両側は農地です。 すぐに、車がほとんど通らないと思われる道があり、狭いながらも駐車&観測スペースを発見。ここで観測することに決めました。天候は快晴です。
決めたら速いです。GHS時計をセットし、ε-160を組み立て、ビデオシステムを組み立てます。 まず、ピント合わせにオリオンの三ツ星を入れて…、と思ったら入りません。ファインダーがずれているのです。ヤバイ!! 冷静に、と自分に言い聞かせます。 ファインダーを修正して、残り時間は…まだ大丈夫。今回の対象星はベテルギウスのすぐ北なので、導入は簡単です。モニターには、対象星が良く写っていました。 対象星を導入したら、今度はワテックのビデオカメラをはずし、カメラレンズをつけます。これで、GHS時計を撮影しておくのです。 (当時の)私のシステムでは、GHS時計の時刻をビデオに記録できません。 そこで、時刻測定のために、GHS時計を撮影しておく必要があるのです。
ビデオ録画をスタートさせたのは23時32分。録画を継続しながら、望遠鏡に接続しなおしました。33分になる前で、ぎりぎりで準備が間に合ったのです。 ここまできて、やっとホッとしました。

眼視観測では、対象星から眼を離すことはできません。反応が遅れてはいけないので、常に集中力を保たなければなりません。 時計を見ることもできません。GHS時計が出す音で1分毎の区切りはわかりますが、今何分になったのか数えていなければならず、 これがわからなくなりやすいのです。でも、ビデオ観測は楽です。うっかり見逃しても、あとでビデオを見なおせばよいのです。 また、時刻もモニター画面に表示されています。「あと10秒くらいかな」などという余裕があります。
「消えた!」
いつもの眼視観測ならはっきりと早口でいうところです。しかし今回は頭の中で思っただけで声に出していません。よく見ると、微かに星が見えています。 11.0等の小惑星が写っているのでしょう。
「出た!」
対象星は、元の明るさに戻りました。念のため、さらに2分ほど撮影を続けます。その後、すばやくカメラレンズに付け替えて、再度GHS時計を撮影します。 ビデオを巻戻してもう一度確認しました。ほとんど予報通りの時刻に掩蔽が起きていたようです。

ここまでの観測記は「まがたま53号(2002年1月発行)」に掲載したものを一部書き直したものです。

観測データ
恒星: TYC 0716-00821-1(10.3等)
観測地: 福島県富岡町 東経 141度00分56.8秒 北緯 37度21分48.8秒(TokyoDatum) 標高 45m
減光時刻: 23時36分08.98秒 から 23時36分21.73秒 まで(JST)  減光時間: 12.75秒
観測機材: ε-160 WAT-100N ビデオ録画

Boliviana観測結果
※ 整約図制作は早水勉氏(せんだい宇宙館)。 許可を得て転載。

参考:せんだい宇宙館  2001.12.28 小惑星ボリビアナによる掩蔽の観測成果


先頭へ戻る


2001年12月16日(火) (334)シカゴによる恒星食

直前予報では、掩蔽帯が房総半島を通っています。私の自宅では、ぎりぎりで掩蔽帯の外になりますが、ほんの少しでも掩蔽帯が北にずれれば、 食が見られそうです。久しぶりの期待できる現象です。

多くの観測者がビデオ観測をするようになってきましたので、私もそろそろと思っていました。 そして、しし群をきっかけにワテックの天体観測用CCDビデオカメラを購入しました。 せっかくビデオを導入したのですから、これで観測をしたいものです。でも今回のChicagoによる食では、隠される恒星が11.0等で、 ε-160だと写りにくそうです。では、より口径の大きい25cmシュミカセでは、と言ってもこれはほとんど無理。理由は(1)写野が0.1度くらいと狭い、 (2)微動は手動、のため対象星の導入は困難、(3)フォークマウントがやわでよくゆれる、(4)極軸望遠鏡がないので写野から逃げていく、 などの問題点があるからです。したがって、今回はシュミカセでの眼視観測しかありません。でも、過去の経験から、 11.0等星だと自宅ではやっと見える程度で、観測になりません。そこで、光害のやや少ないところへ遠征観測です。 そして、少しでも予報掩蔽帯に近づこうと南東の成田空港の南へ車を走らせました。

天候は快晴だったのですが、走っていくと南の低空に雲が見え始めました。この時期、千葉県南部は雲が出ることがよくあります。 予定観測地につくと、オリオンの下まで雲が広がっています。でも、今回の対象星はおうし座の足のあたりで、ほぼ南中していますから高度は十分です。 南天低い雲なんて心配ありません。予報時刻も近づいてきたので、望遠鏡をセットし始めました。ところが、雲が少しずつ北上してくるではありませんか。 セッティングを終えたときには、対象星は雲の中です。でも、もう移動する時間がありません。待つこと数分、雲が少し切れたので、対象星を導入。 11.0等にしてはよく見えます。予報時刻4分前から観測開始です。ところが、ときどき雲がかかってきて、対象星が非常に見にくくなります。 周りの星は見えていても、肝心の星が一番暗くて見にくくなるのですから、困り者です。「見にくい・・・、見えている。」と、雲の実況中継です。

「見えない!」

あるとき、ふと気がつくと対象星が見えていません。いつのまにか雲に隠れていたのでしょうか? 再び見え出すのを待ちます。でも、なかなか見えてきません。 隣の星は見えているのですが、この隣の星は明るいのですから薄雲では消えません。

「見えた!」

フッと見えるようになりました。この瞬間には、雲から出てきたのか思いましたが、どうも様子が変です。雲から出てきたのなら、 徐々に見えてくるはずですが、フッと見えるようになりました。でも、もともと暗い星なので、瞬間的に現れたという自信が持てません。
その後も、監視観測を続けながら、頭の中でイメージを復習です。消えた瞬間は見ていません。消えていたのに気づいたのです。 その直前のイメージが記憶にはっきりとは残っていません。これは、雲で見えなくなったのかもしれません。でも、見え出したときは、 暗い星の接食で出現したときのイメージに似ています。もしかしたら、Chicagoによる食が見られたのかもしれません。

予報時刻から3分経過後に観測を終了して、空を見上げました。おうし座のすぐ下まで雲が広がっています。肝心の星のあたりは、 ちょうど雲のはじのあたりです。きっと観測中にも、この雲のはじがときどきかかったのでしょう。あと2〜3km北で観測していれば、 この雲に邪魔されることもなかったと思われます。「食を捕らえたかもしれない」という気持ちよりも、 「雲のために、はっきりとした結果が得られなかった」という気持ちの方が強いまま、帰宅しました。

一応、怪しい現象の時刻をはっきりさせて、翌日の夜にJOIN(掩蔽メーリングリスト)に報告しました。この現象の観測報告が、 他の観測者からも入っていて、観測成功の報告もありました。それによると、実際の掩蔽帯は直前予報よりわずかに北にずれたようで、 私のところも掩蔽帯に入ります。観測時刻も、他の報告者と比べて、だいたい妥当な時刻のようです。

久しぶりの観測で、なんとか役に立つデータを残せたようで、ホッとしました。でも、やっぱり、雲に近づいてはいけませんね。

ここまでの観測記は「まがたま53号(2002年1月発行)」に掲載したものを一部書き直したものです。

観測データ
恒星: TYC 0665-01037-1(11.0等)
観測地: 千葉県芝山町 東経 140度23分20.2秒 北緯 35度43分10.7秒(TokyoDatum) 標高 20m
減光時刻: 21時31分42.0秒 から 21時31分53.9秒 まで(JST)  減光時間: 11.9秒
観測機材: 25cmシュミットカセグレン JJY 眼視

Chicago観測結果
※ 整約図制作は広瀬敏夫氏(JOIN、東亜天文学会)。許可を得て転載。

参考:せんだい宇宙館  2001.12.16 小惑星シカゴによる掩蔽の観測成果


先頭へ戻る


1999年 1月18日(月) (820)アドリアーナによる恒星食

この夜は2つの掩蔽が予報されていました。1つ目は17日22時59分頃の小惑星(510)Mabellaによる9.9等星の食で、 初期予報では掩蔽帯が北海道南部を通っています。2つ目は18日2時40分頃の小惑星(820)Adrianaによる5.7等星の食で、 初期予報では掩蔽帯が東北北部を通っています。

1つめのMabellaによる現象の観測のために22時30分に庭に出ると、西の空に雲が広がっています。今までにもこのようなことは何度もあって、観測できなかったことも多いです。 不思議に小惑星による恒星食は曇られるのです。それでも、もう1つの観測もあるので、望遠鏡を組み立てました。
雲は着実に広がってくるのですが、雲の割れ目もあります。雲のために苦労しながらも、何とか対象星を導入し、22時55分から観測を始めることができました。 何度も雲が流れてきて、星が見えなくなります。アイピースから眼を離すことができないので、どの程度晴れ間があるのかわかりません。 しかし、そろそろだという頃から雲がかからなくなりました。JJY報時を聞きながら監視を続けます・・・。
残念ながら、食は見られませんでした。まあ、いつものことです。そう簡単には、本当の食は見られません。望遠鏡をセットしたまま、眠りにつきました。

2つ目のAdrianaによる現象の観測のために2時20分に起床。手早く防寒服を着込み、庭に出ました。やはり雲は残っていますが、晴れ間の方がずっと多くなっています。 対象星はおとめ座γ星(ポリマ)のすぐ北で、あっさりと導入を済ませました。恒星は5.7等星ですから、25cmシュミカセではさすがに明るいです。 一方、小惑星は16.7等ですから、食が起きればこの明るい星が完全に消えて見えるはずです。テープレコーダーの録音状況を確認し、 2時33分から監視観測を始めました。やはり雲が流れてきて、星を消すことが何度もありました。しかし、36分以後は雲が流れてきません。 予報掩蔽帯が遠いので、確認観測です。気は楽です・・・。
「ハイ! 消えました。」
明るい6等星が フッと消えました。これは正直に言って、予想外です。幸い、声はすぐに反応できました。これも多くの接食観測のおかげでしょうか。 一瞬にして消えたというよりも、フウッと消えていったように見えました。周囲の星はしっかりと見えているので、雲によって消えたのではありません。
「ハイ! 出ました。」
数秒後、恒星は元の明るさに戻りました。
「起きました、食が起きました・・・。やりました・・・。フゥ〜。こんなに明るいのが消えましたね。ドキドキです。フゥ〜。まさか、本当に・・・。」 (録音テープより)
念のために監視観測を続けましたが、さすがにもう消えません。2時43分に観測を終了しました。
望遠鏡を片付け、部屋に入り、防寒服を着たままテープレコーダーを聞いて現象時刻の確認をしました。消えていたのは5.0秒間でした。

観測データ
恒星: HIP 61658(5.7等)
観測地: 千葉県柏市
減光時刻: 02時39分58.4秒 から 02時40分03.4秒 まで(JST)  減光時間: 5.0秒
観測機材: 25cmシュミットカセグレン JJY 眼視

やっと小惑星による恒星食の観測に成功し、感じたことが2つありました。1つ目は、「これで、やっと観測者の仲間入りができたような気がする」ということ。 もう1つは、「今後は観測成功を喜ぶのではなく、着実に観測データを積み上げていく時代になった」ということです。1994年に取り組み始めてから、 61回目の観測での成功です。この数字を見ると非常に成功率の低い観測対象のようですが、予報も当初より良くなってきましたし、 これからは成功率が良くなっていくでしょう。

ここまでの観測記は「まがたま42号(1999年3月発行)」に掲載したものを一部書き直したものです。

Adriana観測結果 Mabella観測結果
※ 整約図制作は広瀬敏夫氏(東亜天文学会)
  許可を得て掲載

アドリアーナの整約図を見ると、私のすぐ南の笹沼氏が通過を観測していますから、小惑星の断面が単純に縦に細長い形ではないことがわかります。 また、単純な球形(影は円形)でもなさそうです。
一方、メイベラの食を観測した小島氏の継続時間から考えて、私のところではぎりぎりで通過になってしまった可能性が高いです。


先頭へ戻る